自炊・節約・糖質制限レシピで一人暮らしの食生活をカスタマイズ

一人暮らしや単身赴任では毎日の食事の準備が何かと面倒ですが、できるだけ外食を減らし自炊することが、健康管理面でもプラスになります。医食同源とも言います。『早く・安く・旨く・飽きない・簡単・体質改善健康食レシピ』を紹介して一人暮らしのネックである食生活のカスタマイズにお役立ちします

鶏がらスープ1週間のカスタマイズ:自炊・節約・糖質制限レシピ

冬の時期は、毎日お世話になっている鶏ガラスープですが、

飽きないように日々カスタマイズしていきます。

鶏ガラスープの一週間をご紹介します。

 

  20151211014910   20160106020550

 

★1日目:鶏ガラを煮込みます

可能であれば2パック(1パック2羽分)の方がスープが濃くなります。

寸胴鍋に水3Lに鶏ガラを入れ、塩(小さじ1~2)を加え、

できるだけ沸騰させずに煮込み、アクを取りのぞきます。

人参(中2本)を乱切りにして加えます。

(私は、人参の軟らかいのが好きなので早目に入れます)

 

   1パック40円    水に30分位浸して煮込み   沸騰させすぎ 

f:id:syosakoi:20160221105434j:plain f:id:syosakoi:20160221105515j:plain f:id:syosakoi:20160221105502j:plain

★2日目:野菜を加えて煮込みます

玉ねぎ(2個)、キャベツ、もやし等に調味料

・醤油大さじ3、麺つゆ大さじ3、酒大さじ3、 みりん大さじ3、

・鷹の爪1本、好みでしょうが1片)を加えてさらに煮込みます。

調味料は好みで加減してください。

 

ここで、初めてスープを飲んでみます。

まだ鶏ガラと野菜の味がなじんでいなくて

バラバラな味という感じだと思います。

  f:id:syosakoi:20160221110607j:plain f:id:syosakoi:20160221110626j:plain                 

次にセロリを1本を加えてさらに煮込みます。

他の野菜を一度煮込んだあとでセロリを加えて下さい。

理由はわかりませんが、他の野菜と一緒に煮込むと

なぜかセロリの味がぼやけてしまうのです。 

 

セロリを加えることによって、鶏がらと野菜がバラバラだった味に

コクが加わり、まとまったまろやかなスープらしい味になります。

セロリを加える前のスープの味と比較してみて下さい。

はっきり違いがわかると思います。

 

少しスープの味が若い感じがしますが、

あっさり系が好みの方は、2日目から楽しんでください。


★3日目:本格的な鶏ガラスープを楽しみます

3日煮込むと鶏ガラも軟らかくなり、骨と肉が別れて食べやすくなります。

これ以上煮込むと骨がバラバラになってしまうので、

3.4日目で鶏ガラの残っている肉をこそぎ取って食べます。

魚も肉も骨の周りの肉が最も美味しいといわれています。

 

この肉だけで十分、おかずや酒のつまみになります。

 

     簡単に骨と別れます         スープの色が・・・

  f:id:syosakoi:20160221112524j:plain f:id:syosakoi:20160221112559j:plain

スープもすっかり肉が解け、材料が協調して、まろやかな味が楽しめます。

ここで、鶏ガラの肉を食べてしまうのと同時に次の仕込みをします。


仕込みと言っても、手羽元を加えるだけなのですが。

ウインナーや餃子も試してみましたが、

同じ骨付きの手羽元が鶏ガラスープの味を高め

手羽元肉も味わえるのでお薦めです。

 

       特売日をねらって買いました

     f:id:syosakoi:20160221113103j:plain

 

手羽元も煮込んだ1日目は、肉が固く骨から別れにくいので
やはり鶏ガラと同じく食べるのは、2日目以降がベストです。

 

★4日目、5日目、手羽元の肉を楽しみます

手羽元も煮込んでから2日目以降になると、

鶏ガラ同様に肉と骨が簡単に分かれて食べやすくなりす。

 

  f:id:syosakoi:20160221112506j:plain  f:id:syosakoi:20160221113324j:plain

 

ゼラチン部分も軟らかくなってゴク旨です。

弁当のおかずにも使えるので重宝しています。

 

野菜(玉ねぎ、キャベツ、もやし、セロリ等)は、

トロトロでもう形をとどめていません。

 

好みで玉ねぎ、キャベツ、もやし等を追加してもいいですし、

煮込んでスープが濃くなりすぎている時は、

水や調味料を適宜加えて調整していきます。

 

★6日目、7日目カレー味にカスタマイズ


鶏ガラ、手羽元、野菜がバランスよく溶け込み絶妙なスープに。


スープの量も半分くらいになっている頃でしょう。 
しかし、さすがに連日だと飽きてくるので、一工夫です。

 f:id:syosakoi:20160221113714j:plain f:id:syosakoi:20160221113749j:plain

    

ここで野菜(お薦めはキャベツ)と肉(鶏のハラミ)、

カレー粉を(大さじ1)加えてカレー味にカスタマイズするのです。

 

野菜や肉も加えなくても、カレー粉だけでも十分美味しいです。

    
カレー粉は、少なめでもスープがベースなので、美味しいです。

鶏のハラミは珍しいと思うのですが、軟らかくてカレー味によくあいます。

 

★締めの一品は、カレーうどん

そして、最後の締めはうどんを入れてカレーうどんで締めくくります。

ちょうど日曜日からにつくり始めて、

一週間後の日曜日にカレーうどんで締めくくりました。

鶏ガラスープの一週間カスタマイズが終了します。

 

そしてまた、鶏ガラを洗っている自分にきづくのでした。(◎_◎;)

 

鶏ガラの数、野菜の量、調味料の加減もアバウトなので、

作るたびに微妙に味が違っっているのも

毎日食べても飽きない理由かもしれません。

 

そして作り置きして帰宅後温めるだけなので

単身赴任の自炊料理には最適です。