自炊・節約・糖質制限レシピで一人暮らしの食生活をカスタマイズ

一人暮らしや単身赴任では毎日の食事の準備が何かと面倒ですが、できるだけ外食を減らし自炊することが、健康管理面でもプラスになります。医食同源とも言います。『早く・安く・旨く・飽きない・簡単・体質改善健康食レシピ』を紹介して一人暮らしのネックである食生活のカスタマイズにお役立ちします

地産地消 高知の特産「カツオのタタキ」:自炊・節約・糖質制限レシピ

    わたしは、単身赴任で高知に住んでいます。

    高知といえば、もちろん「カツオのタタキ」が有名です。

 

    居酒屋のメインはもちろんスーパーでも

    多くの「カツオのタタキ」が売られています。

 

    出身地岡山でも、売られているのですが、

    本場高知で食べると、今まで食べてきた「カツオのタタキ」

    「カツオのタタキ」ではなかったと思えるほどの美味しさです。

       f:id:syosakoi:20160207004016j:plain

     

    カツオは売られているものを買うだけなので

    レシピなど必要ないと思われるかもしれません。

    ところが、本場高知ではカツオの奥深さを味わうことができるのです。

    

    カツオについて出身地岡山と高知を比べてみました。

 

     ★高知のカツオの特長

   1、スーパーでのカツオ売場面積が格段に違います。

    瀬戸内も魚の美味しい所ですが、

    スーパーの売場に占める割合が全く違います。

    高知では、3割くらいがカツオ関係ではないでしょうか。

    岡山では、数パックです。

 

   2、タタキがさくで売られています。岡山では切身がほとんどです。

    

   3、タタキばかりでなく、生カツオのさくも売られています。

     生のさくも切身もはじめてみました。

     タタキが有名ですが、私は生の方が好きになりました。

     生にんにくのスライスを乗せて食べるとクセになります。

       f:id:syosakoi:20160207004206j:plain

 

   4、カツオ(生、タタキ)やマグロのアラが売られています。

     アラは、魚好きの私にとって

     自炊・節約・糖質制限レシピの大切な味方です。

     魚のアラといえば、骨や頭の周りと思っていたら

     カツオは血合いの部分ですが、骨がありません。

     嬉しいことに超格安で売られています。

 

f:id:syosakoi:20160207012649j:plain f:id:syosakoi:20160207012715j:plain 

 
   5、ハランボ、生節?初めて見ました。
    あまり見かけない珍味です!「ハランボ」とは、カツオの腹の部分で 

     当然1匹の鰹から1枚しかとれない貴重な逸品です。

 f:id:syosakoi:20160207015738j:plain f:id:syosakoi:20160207015816j:plain

    

    生節とは、生のカツオを解体し、蒸す、茹でた一次加工食品。

    原料として、カツオ以外にマグロ、サバを使うこともある。

    軽度の燻製加工が施されている場合もある。 

    カツオ節の柔らかいものと思えば間違いありません。

   

      f:id:syosakoi:20160207020235j:plain 

   

 

   6、全国から高知にカツオが集まっています。

     やはり消費量の多い地域に商品は集まってきます。

     売られているカツオは、高知で水揚げばかりと思っていましたが、

     宮崎・鹿児島・三陸など全国のカツオが高知に集まってきています。

 

     さすが本場高知ならではのさまざまなカツオが、

     スーパーで普通に売られています。

   

     これから、カツオのレシピで美味しさを探していきます。