自炊・節約・糖質制限レシピで一人暮らしの食生活をカスタマイズ

一人暮らしや単身赴任では毎日の食事の準備が何かと面倒ですが、できるだけ外食を減らし自炊することが、健康管理面でもプラスになります。医食同源とも言います。『早く・安く・旨く・飽きない・簡単・体質改善健康食レシピ』を紹介して一人暮らしのネックである食生活のカスタマイズにお役立ちします

冬の定番毎日食べる主食代わりの湯豆腐:自炊・節約・糖質制限レシピ

    自炊では、冬になると電気鍋が大活躍しています。

    毎日、湯豆腐か水炊きを食べているからです。 

        

  f:id:syosakoi:20160123165209j:plain f:id:syosakoi:20160123165226j:plain

    本当は土鍋を使用する方が美味しいのでしょうが、

    鍋を出したりカセットコンロを出し入れするのも面倒なので

    常に電気鍋をテーブルの上に置いて使用しています。

   自炊には、何より準備と片付けの手間がかからないのが有り難いです。

 

    糖質制限を実施しているので豆腐が主食代わりになります。

    朝の忙しい時間も、前日に豆腐や野菜を電気鍋に入れておけば

    スイッチを入れるだけで、朝食ができ上がります。

 

    食欲のない朝でも、柔らかい豆腐は抵抗なく食べることができます。

    野菜も白菜をはじめ、貝割れ、春菊、水菜、ほうれん草等の他

    しめじ、エノキ、マイタケなどのキノコ類も

                 たっぷり食べることができます。

      f:id:syosakoi:20160123171838j:plain

  

    時には、餃子・豚肉・鶏肉・魚を入れると豪華な水炊きになります。    

    材料を余分に用意して弁当のおかずにもなるので重宝しています。

 

    つけ汁は、味ぽんが多いのですが、

    時には、嗜好をかえてゴマダレで楽しんでいます。   

 

                                                電気鍋に水を張る

                              

                 顆粒だしを(小1)程度入れる

                        

      野菜を食べやすい大きさに切っておく切って(多目)

                       ⇩ 

           豆腐を適当に切って入れる(夜) 

                                               

            翌朝野菜を入れるて食べる

                        

           帰宅後、沸騰させ鶏肉や魚をいれる。

           朝の残りの野菜をいれて食べる

                    

        魚や肉の出汁がきいているので、豆腐を追加しておく(夜)

                       

                 翌朝食べる

                      

            出汁が濁ってきたところで、新しくする

         

   このサイクルの繰り返しで、早い・安い・簡単・旨いレシピとなります。

 

        レシピとモ言えないかもしれませんが、

    一人ですから豪華な鍋ではなく、シンプル実用的です。

    電気鍋は、冬の自炊・節約・糖質制限食の必需品と言えます。

     また、冬には室内が乾燥しているので加湿効果も期待できます。