自炊・節約・糖質制限レシピで一人暮らしの食生活をカスタマイズ

一人暮らしや単身赴任では毎日の食事の準備が何かと面倒ですが、できるだけ外食を減らし自炊することが、健康管理面でもプラスになります。医食同源とも言います。『早く・安く・旨く・飽きない・簡単・体質改善健康食レシピ』を紹介して一人暮らしのネックである食生活のカスタマイズにお役立ちします

「もやしとニラの卵とじ」美味しさ再発見:自炊・節約・糖質制限レシピ

 

 もやし:一袋  ニラ:1/2袋  卵2個  酒:大さじ2

塩コショウ:適量  ゴマ油:大さじ1  しょうゆORめんつゆ:小さじ2 

       f:id:syosakoi:20150904225800j:plain

作りたてももちろん美味しいのですが、冷めても美味しいので

弁当のおかずにもピッタリです。

 

 

定番レシピですが何故こんなに美味しいのかというくらい美味しかったです。

ポイントは、ゴマ油と料理酒がだと思います。

包丁は一切必要ありません。太もやしがシャキシャキ感があって美味しいです。

好みで細もやしが好きな方はそちらをどうぞ。

 

 1,もやしをゴマ油で炒めます。これがサラダ油だと風味がでません。

  もやしは袋から取り出して洗う時に料理ばさみで、半分くらいに切ります。  

       f:id:syosakoi:20150904230109j:plain

   面倒な時は、鍋やフライパンの中で切ってもかまいません。

       f:id:syosakoi:20150904230223j:plain

 

 2,もやしが炒まったらニラを入れて軽く塩コショウします。

  ニラはすぐにしんなりとなるので、もやしを十分炒めてから入れます。

 

 3,ニラも炒まったら酒を入れて全体を混ぜます。  

       f:id:syosakoi:20150904230616j:plain

 4,とき卵を回し入れ、半熟状態になったら火を止めて、

    しょうゆORめんつゆで味付けして完成です。 

 

ニラは、もやしの上から料理バサミで切っていれれば手間がはぶけます。

豚こま肉、油揚げ、シーチキン、ゆで節などを入れても美味しいのですが、

基本はシンプルに、もやしとニラの卵とじの組合せが基本です。

食べてから2,3日するとまた食べたくなります。

 

1食分≒110円 

もやし(一袋)30円+ニラ(1/2袋)50円+卵(2個)30円+調味料=110円

 

 ★参考にしたレシピ★