自炊・節約・糖質制限レシピで一人暮らしの食生活をカスタマイズ

一人暮らしや単身赴任では毎日の食事の準備が何かと面倒ですが、できるだけ外食を減らし自炊することが、健康管理面でもプラスになります。医食同源とも言います。『早く・安く・旨く・飽きない・簡単・体質改善健康食レシピ』を紹介して一人暮らしのネックである食生活のカスタマイズにお役立ちします

澄み切った味『らっきょう酢、きゅうりのピクルス』節約・健康食レシピ

 

 

夏になると店頭におかれるらっきょう酢でつくる『きゅうりの簡単ピクルス』は、<

作るのも簡単、翌日には食べることができ、味も澄み切った美味しさです。

 f:id:syosakoi:20150625003147j:plain   f:id:syosakoi:20150625003119j:plain

 

きゅうり:1本~2本  らっきょう酢:400CC(1.8Lの内)  水:400CC 

一味:好みで  鷹の爪:好みで

プラスチック容器(1.0Lくらい、百円ショップで購入)

 

    ★★★きゅうりの効果★★★

 1、夏の水分補給に

きゅうりはほとんどが水分でできているため、バテ気味で食欲がない時、     喉の渇きを潤すための水分補給に適しています。 

2、むくみの解消、美容に
きゅうりに含まれている「カリウム」は、利尿作用があり体内の老廃物を排出すので、むくみの解消が期待できます。また、「β-カロテン」も多く含まれているので、皮膚や粘膜の健康を保ち、乾燥肌や肌荒れを予防するので女性に嬉しい美容効果があります。

3、体を冷やす、熱さましに
漢方では、生のきゅうりは身体を冷やす性質があるとされ、夏にはぴったりです。

 4、健康増進に

 きゅうり独特の青臭さ「ピラジン」は、血液をサラサラにする働きもあるので

 生活習慣病の予防にも効果があります。

 

     ★つくり方★

1、酢と水を容器8分目くらいまで、50:50で入れます。

2、きゅうりは、ピューラーで3、4箇所縦に皮をむき、

  3~4cmくらいに切り、さらに半分に切ります。

  輪切りも試してみましたが、この切り方が一番美味しいと思います。

3、好みで鷹の爪、一味を加えます。あとはらっきょう酢にお任せです。

4、冷蔵庫に冷やせば翌日食べることができます。

f:id:syosakoi:20150614111604j:plain f:id:syosakoi:20150614111618j:plain f:id:syosakoi:20150614111959j:plain

 

ピクルスというととても酸っぱいイメージがあったのですが、

らっきょう酢の適度な甘さと酸っぱさで軽い酸味に仕上がります。

※一番おいしいのは翌日です。2日~3日あたりで食べきってください。

 一本で2食分くらいが標準でしょうか。弁当にも利用できます。

 

野菜の水分がでて次第に水っぽくなるので、随時らっきょう酢を足してやります。

10日~2週間くらいしたら味が変わってくるので、全部最初から入れ替えが必要です。

            f:id:syosakoi:20150614111117j:plain

 

   一回分

  きゅうり一本40円+らっきょう酢100円≒150円

 

★参考にしたレシピ★